上高地徳沢
2005.2.11(金)・12(土)

写真をクリックすると大きくなります

第1日目

▲上高地徳沢( 1550M;長野県南安曇郡安曇村; 2005年 2 月 11日〜 12 日) 〜かみこうち とくさわ〜
メールから転載
[ 常念ズ :829] ▲上高地徳沢( 1550M;長野県南安曇郡安曇村; 2005年 2 月 11日〜 12 日)

こんにちは。松本支部長の石川です。

この3連休を活用して、毎年恒例の上高地スノー
トレッキングへ行って参りました。昨年一昨年は
河童橋までの日帰りコースでしたが、3回目の今回
は初めて徳沢まで足を伸ばし、テント泊での山行と
なりました。メンバーは8名、常念ズのほか、長野
山岳会の方々をお迎えしての合同山行でした。
(もとい結局のところ、全員が長野山岳会員です)

なお徳沢は、河童橋から2時間ほど入ったあたり、
蝶ヶ岳へ上がる尾根との分岐があります。槍を
目指す槍沢と、穂高を目指す涸沢との分岐がある
横尾は、さらにこの先1時間のところです。
また、井上靖の名作『氷壁』の舞台としても有名。

<メンバー…長野山岳会員>
・倉石 好己(CL、長野市より)
・村重 誠史(SL、企画)
・中島 智章(食料)
・赤塚 みのり(食料)
・清水 貴子(長野市より)
・峯村 名緒(千曲市より)
・和田 吉正(上田市より)
・石川 忍(記録)

コース図
【1日目…2月11日 天気 曇り時々晴れ】

6:00    長野県松本合同庁舎発
           長野組・上田組と松本IC近くの合庁へ
           集合し、R158を一路上高地方面へ。

7:00    沢渡着。<気温 −7℃>
           上高地はマイカー規制になっているため、
           ここで自家用車からタクシーへ乗り換え。
           2台に4人ずつ乗り込む。ご予約はアルピコ
           タクシー沢渡営業所(0263-93-2700)まで。
           前日までに到着時間と人数を伝えておくと
           グーです。山行のスタートとなる釜トンネル
           入り口までは所要時間約15分、2710円。

7:45    釜トンネル入り口出発、山行スタート
           新しい釜トンネルも開通していますが、工事
           中のため旧道を通る。以前に比べて暖かい
           ためか(一昨年はこのあたりで−15℃!)、
           トンネル内は凍結も少なく、楽に上がれる。

8:10    釜トンネル出口、体温調節のため着替え
           焼岳が顔を出しています。

8:25    出発
           ここから大正池までは右側斜面から雪崩が
           発生しやすいためご注意を。

9:15    大正池ホテルにて休憩、トイレあり。

9:25    発
           雪は少なく、ワカンを装着してもほとんど
           足が沈みません。したがってラッセルの
           苦労もなし。梓川左岸に出るつもりが、
           山側の林間コースへ。時間や距離に大差
           はありませんが、展望は川沿いルートのが
           ○です。途中、田代池を経由。

10:30    河童橋到着(標高1500M)
            軽く昼食など。穂高連峰はガスってますが
            焼岳はバッチリ見えてます。人も多く、もう
            テントを張っているパーティもちらほら。

11:30    発
            トイレ、ワカン装着を済ませ出発。ここから
            先は、冬は未知の領域になります。

12:30    明神到着(標高1530Mあたり)
            河童橋の先もほとんどラッセルは行わず。
            トレースはありましたが入り込む人はあまり
            いなくなっていました。ここもトイレあり。

12:45    発

13:55    徳沢ロッジ着
            もう少し行った徳沢園で幕営することに。

14:10    徳沢園到着(標高1550M)
            夏は広々としたキャンプ場になっており、
            整地の必要がないほど平らな土地です。
            冬季用トイレもあり。協力して6人用と4人用
            のテントを設営。テントはほかに3〜4張り
            で、ヒジョーに静かでした。

15:00    テント設営完了
            全員で6人用テントに集合し、ビール・焼酎・
            日本酒・ワイン・梅酒等大宴会開始。狂態
            のほどはご想像にお任せします。

            その後はキムチ鍋を食し、雪を熱して
            翌日用の水を作ったりして、20時過ぎには
            各々のテントに戻り就寝。なお2月中に
            誕生日を迎える中島さんと倉石さんのため
            に女性陣がケーキやチョコをプレゼント。
            もちろん我々もおこぼれをいただきました。

9:01
焼岳(大正池より)
#今年も来たぜぃ!
10:02
帝国ホテル
#あれ?
10:19
河童橋をめざす
10:35
焼岳(河童橋より)
10:50
河童橋ほとりにて
#夏はこうはいきません
11:00
今回のオールキャスト
11:43
未踏の地へ
13:04
裏常念
13:46
徳沢より北方を臨む
14:33
幕営
15:40
夕食前に出来上がる
18:35
お誕生日おめでとう〜っ!

第2日目

【2日目…2月12日 天気 晴れのち曇り】

5:30    起床
           まだ暗いですが、満天の星空に絶句。

6:00    朝食準備開始
           昨晩の残りのキムチ鍋にご飯を入れて
           雑炊を作り、かつ鮭&海苔&梅茶漬けも
           作る。これが結構好評で。

7:20    テント撤収開始
           正面の明神岳・前穂高岳に朝日があたり、
           ピーカンの青空に銀嶺が映えて最高の展望
           でした。しかし気温は−16℃!あぁ鼻毛が
           凍る…。

8:00    出発
           昨日のトレースを辿りつつ、明神へ。雪が
           締まっており、足はほとんど沈まず。なお、
           振り返ると三角錐のカッコ良い山が見え、
           地図との照合&協議の末それが聖地
           常念岳であることが判明。

8:55    明神着。

9:10    発
           昨日のルートを外れ、明神橋を渡って梓川
           右岸の工事用道路へ。

10:17    河童橋過ぎ、ウェストン碑手前にて一本
            右岸を歩いていたら、河童橋を通過して
            しまいました。さぁて昨日の残りのビールと
            チューハイを…と思いきや、凍って中身が
            出ず。中島さんがバーナーを出して缶ごと
            熱し、なんとか解凍。暖かいチューハイを
            飲むことができました。

10:52    発
            途中、ウェストン碑にご挨拶。田代橋を
            渡り、梓川左岸へ。焼岳が正面に見え、
            かなり◎です(詳細は写真をご覧下さい)。

11:50    大正池ホテルで一本
            ここで帰り用のアルピコタクシーを予約。

12:05    発

12:40    釜トンネルへ

13:00    釜トンネル出口、山行終了!
            素敵な旅でした。お疲れ様でした。

その後、沢渡の梓湖畔の湯につかり、解散。
これだけ遊んで、食料やタクシー代は一人あたり
2,400円なり。

今日は特に予定のない休日でハッピーです。
家の掃除したり洗濯したり、図書館行ったり献血
したり、本読んだりゲームしたり、夕飯のカレー
作ったりしてみようかと思います。
 

石川 忍

6:28
キムチ雑炊
7:12
眩い銀嶺
8:04
明神岳・前穂高岳
8:39
裏常念
9:19
イワナ
#旨そう...
9:43
再び焼岳が!
11:01
輝く焼岳
11:03
六百山・霞沢岳
11:05
穂高連峰
(梓川右岸より)
11:37
再び大正池へ
11:46
お猿さん、見っけ!
11:52
穂高連峰
(大正池より)


トップへ

inserted by FC2 system