長野県山岳協会「第8回雪上技術交流会in針ノ木」
2005.5.22(日)

真をクリックすると大きくなります

▲針ノ木雪渓(2005.5.22 :長野県大町市)〜はりのきせっけい〜
<概要>
針ノ木雪渓は、日本3大雪渓の1つ
(※残り2つは、白馬大雪渓・剱沢大雪渓)

今回は、長野県山岳協会 「第8回雪上技術交流会in針ノ木」 に参加
昨年(2004.5.23)に続いて2回目となる
 

コース図
<日帰り> 5月22日(日)くもり
扇沢→大沢小屋→針ノ木雪渓(大沢)→大沢小屋→扇沢

<参加メンバー・・・長野山岳会より>
A隊(5/21・22)
・真野 重則(CL)
・倉石 好巳(SL)
・伊澤 則昭
・清水 貴子
B隊(5/22)
・村重 誠史
(※他、総参加者30名弱)

<B隊山行報告>
  3:30 自宅(豊科町)発
  真っ暗の中出発 眠むぅ
  天気予報では下り坂 ちと不安
  大町に入ると、爺ヶ岳・鹿島槍ヶ岳・五竜岳のシルエットが見える
  今年こそ鹿島槍...
  扇沢駐車場には、たくさんの県外ナンバーの車
  山スキーヤーが車中泊、テント泊している 全国区だねぇ〜

  4:40 扇沢(1,425m) 発
  こんな時間に出発する者はおらず不安
  とりあえず昨年の記憶を頼りに雪渓右岸を登る
  (夏道だと遠回りなので)
  落石が多く、怖いので先を急ぐ

  5:20 大沢小屋(テント場) 着
  急いだせいか予定よりだいぶ早く到着
  ここでAM6:00に1泊組と合流の予定だったが、
  天気が崩れそうなので既に出発したらしい
  真野さんが待っていてくれた

  5:40 大沢小屋(テント場) 発
  参加者30名弱 3班に分かれ、針ノ木雪渓(大沢)へ
  ・指導員検定会事前講習班(講師:伊澤 清水 他):大沢下部
  ・中級班(講師:古幡さん 倉石 他)
  ・初級班(講師:? 他)
  真野さんの指導を受けながら先発隊を追う
  壷足でアイゼン+キックステップ
  急登になるとハーネスを付け真野さんとザイルを結び、
  アイゼンで確保しながら登る 「スタンディングアックスビレー」だったかな?
  (ちなみにハーネス、ザイルともに初体験!)

10:30 下山開始
  初級班が下り始めたので山開始
  蓮華岳の稜線まで1時間くらいの辺
  グリセードや足滑りをやってみるがなかなか上手くいかない
  思いがけず滑落停止をやること数回...
  
11:15 大沢小屋(テント場) 着
  講習終了
  中級班は、蓮華岳に登頂したらしい
  検定組はかなりお疲れの様子
  ここで解散

12:40 大沢小屋 発
  時折山スキーヤーが下って来る 来年は...

13:20 扇沢駐車場 着
  雨が本格的になる 早めに切り上げて正解だった

  ゆーぷる木崎湖:¥600
 

6:18
鳴沢岳・岩小屋沢岳
下:大沢小屋方面
9:08-1
なかなかの急斜面を登る
奥:鹿島槍ヶ岳・爺ヶ岳
いちおうポーズ
(Photo by S.Mano)
9:08-2
ザイルを使って
12:20
講習終了!
13:20
ニリンソウ
<所感>
真野さんの丁寧な指導で雪上歩行も少しずつ馴れて来ました。もちろんまだまだですが...
牛の歩みではありますが、私なりに安全で楽しい登山のための技術を少しずつでも確実に身に付けていければと思っています。


トップへ

inserted by FC2 system