冠着山
2005.5.29(日)

写真をクリックすると大きくなります

▲冠着山(1,252m:2005.5.29:長野県千曲市・坂井村)〜かむりきやま〜
<概要>
地元では姥捨伝説の姨捨山(おばすてやま)とも呼ばれている
田毎の月でも有名 西行、紀貫之、定家、芭蕉...この山の月を詠んだ文人は数多い
戸隠山へ天の岩戸を運んでいた天手力男命(あまのたじからおのみこと)も
思わず目を止めてひと休みし、冠を着け直したとか
聖山、四阿屋山とともに筑北三山の一つ 信州百名山
主なコースは上2つか?
・戸倉コース(戸倉坊城平いこいの森 屏風岩コースとぼこだき岩コースに分岐)
・鳥居尾根コース(坂井村)
・久露滝コース(? 駐車スペース4台分くらい 登り:120分との情報あり)
今回は、最短の鳥居尾根コースから登る事にした
コース図
<日帰り> 5月29日(日)くもり
登山口→冠着山山頂→登山口

<参加メンバー>
・村重 誠史(単独)                           

<山行報告>
 8:30 自宅(豊科町)発
  このところ天気が不安定なので山行時間が短い山を選択したうえに早めの行動
  機動性を考慮し、バイク(愛車:KDX125SR)で行く
  明科町から本城村、坂北村、麻績村と入り、
  県道55号大町麻績インター戸倉線から四十八曲峠をめざす
  新しい立派な坂上トンネルを超えると...あれ峠を超えちゃた
  トンネルを戻り手前の旧道に入ると四十八曲峠随道手前に登山口まで2Kmの看板
  道幅が狭く落石も多い道を行く 車だとちと嫌かも?
  分岐を聖湖方面にしばらく行くと登山口(駐車スペース20台分くらい)
  オフ車なのでさらにダートを500mほど走り、林道終点に駐車
  途中、登山者をバイクで抜かす すいませんねぇ〜

10:05 登山口 発
  思いがけず花が豊富なのにびっくり
  特にニリンソウ、キンポウゲの群生が素晴らしい 
  途中、久露滝分岐、アルプス展望台あり 今日は霞みがち

10:20 冠着山(1,252m)登頂! 大休憩
  あれ? もう着いちゃった 林道を歩いても30分くらいか?
  霞みがちだが、なかなかの好展望 広い山頂には立派な方位盤、歌碑あり
  北斜面にはコブシ、ニリンソウの群生あり
  冠着山神社内の登山者ノートに記帳
  意外にも先客は中高年の御夫婦だけ
  御主人は奥さんに横笛を披露 いいねぇ〜
  しばし笛・山・花の話で談笑

11:05 発
  下山開始 すぐに5人ほどのパーティーが登って来る
  花の観察をしながらのようだ
  
11:15 登山口 着

  坂井村営保養センター「冠着荘」(草湯温泉):¥200
   こじんまりとしているがシャンプー&石鹸ありでこの値段は魅力

9:56
四十八曲峠より
10:01
林道終点の登山口
10:14
四阿屋山
アルプス展望台より
10:33
千曲市市街地
10:43
長野自動車道と姨捨SA
下:ニリンソウの群生
10:46
方位盤と歌碑
<所感>
あっと言う間に登ってしまい、ほとんどツーリグでした
思いがけず花が豊富だったし、機会があれば戸倉からも登ってみたいと思います

出会った花々

10:05
スミレ
10:18
10:19
ニリンソウ
10:44
ニリンソウの群生
11:12
エンゴサクの1種?
11:19
キンバイ


トップへ

inserted by FC2 system