高妻山
2005.7.3(日)

写真をクリックすると大きくなります
(Photo by S.Mano)

 ▲高妻山(2,353m:2005.7.3 :長野県長野市ほか)〜たかつまやま〜
メールから転載
[ 常念ズ :850] ▲高妻山( 2353M;長野県長野市ほか; 2005年 7 月 3日)

高妻山への長い登りは急峻で、実に辛かった。
ようやく頂上に達して私の喜びは無上であったが、
もう乙妻まで足を伸ばす元気がなかった。
                    〜by深田久弥〜

こんばんは。松本支部長の石川です。

先日、長野山岳会のメンバーで、日本百名山の
高妻山に登ってきました。この山は
戸隠連峰の最高峰に当たり、里からはなかなか
見えにくい場所にあります。が、もう新潟県にも
近く、雨飾山のほか、火打・妙高といったお馴染み
百名山もすぐそこです。

しかし、山頂はおろかルートの途中に有人の小屋が
なく(無人の避難小屋はあり)、行動時間も日帰りで
トライするとしたら10時間前後は要するというかなり
ハードな山です。冒頭にもありますが、百戦錬磨の
深田先生をもってしても、高妻山山頂から1時間程度
の乙妻山まで行く元気がなかった…とのこと。ほか、
「高妻山には花もあるが、見て楽しむ余裕はない」
だの、「百名山とはいえども、行けない山もあって
良いのではないだろうか」だの、別の本の記載にも
一つも良いことが書いてないという物凄い山です!
戸隠とセットで、昔から修験者の修行の山として
有名でした。

そんな山なので、日の長いこの時期に、ファイト一発
気張ってやろうかというのが今回の山行でした。

コース図
<参加者>
・村重 誠史(CL、長野山岳会&常念ズ)
・清水 貴子(SL、長野山岳会)
・真野 重則(お目付け役、長野山岳会)
・石川 忍(賑やかし、長野山岳会&常念ズ)
※真野さん以外は高妻山初挑戦

<天気>
曇り時々晴れ

<報告>
0345 豊科スワンガーデンにて村重・石川合流
    まだ暗いのです。

0530 戸隠牧場にて長野組(真野さん清水さん)と
    合流

0540 出発
    しばらくは沢沿いの道を…と思ったら、雨に
    よる増水のためか、途中から登山道が川の
    ようになり、沢登りに近い状態に。

0630 滑滝手前にて一本

0645 発
    まずは滑滝越え。滝の横に鎖があり、そこを
    登る。ほか、帯岩など鎖場数回。徐々に
    傾斜が急に。

0720 一不動着(1747M)
    戸隠連峰の稜線に出る。避難小屋あり。ここ
    が戸隠山と高妻山との分かれ道になっており
    高妻山方面へ。

0735 発
    やせた稜線上を歩いていきます。意外に花も
    多く、ニッコウキスゲやツマトリソウやゴゼン
    タチバナなどが見られました。
    ちなみに一不動から二釈迦、三文殊、四普賢
    五地蔵、六弥勒、七観音、八薬師、九勢至、
    十阿弥陀と、道々に石の祠があります。
    さすが修験者の山。しかも、三文殊あたり
    まではあっという間に通過してしまい、
    おいおいこのペースならすぐに頂上じゃねぇか
    なんつって調子こいてますと、だんだん祠の
    間隔が長くなり、傾斜もきつくなり、口数も
    少なくなり…さすが修験者の山。

0825 五地蔵山登頂(1998M)
    この前後から展望もよくなり、火打・焼山・
    妙高・黒姫あたりの山々が見えました。火打
    付近にはまだ雪がありました。しかしなんだか
    知りませんが、とにかく虫が多いです。休んで
    いるメンバーの顔の周りに数十匹の蚊だか
    蝿だかの小虫が膜を作っているかのよう。
    言ってる自分の頬や額にもパスパス虫が
    当たり、あ〜もうぜんぜん休んだ気がしない。

0835 発
    ちょっとアップダウンがあります。そして、
    八薬師の付近で今季初のシラネアオイを
    発見!やっぱ良い色してます。

0920 九勢至着
    目指す高妻山の山頂は目の前ですが、壁の
    ように立ちはだかっているのを見ると、これ
    からの死闘が予想されます。

0935 発
    ほとんど垂直に近いと錯覚するほどの急登
    を一歩ずつ進みます。今日一番の辛さ。

1023 高妻山登頂!(2353M)
    山頂には30人ほどの東京からの大パーティが
    居て狭かったため、少し下りたあたりで乾杯。
    遠くに五竜・白馬など北アルプス北部が眺め
    られました。

1110 発

1225 五地蔵山にて一本

1245 発

1330 一不動通過

1345 氷清水にて一本
    湧き出る清水が旨い!

1355 発
    この後、帯岩あたりで野生のサルに遭遇!
    直接の危害はありませんでしたが、数匹の
    群れでこちらを威嚇してきました。

1430 一本

1440 発

1520 戸隠牧場着。お疲れ様でした。
    行動時間は9時間40分なり!
    カッパを一度も使わず、天気に感謝です。

その後、いつもの戸隠神告げ温泉にて生ビールを
やっつけたあと、汗を流して解散となりました。
入浴料は600円です。

01.一本目
#ほとんど沢登り
02.滑滝
#まだ余裕
03.滑滝
#元気です
04.帯岩をトラバース
#結構怖い
05.一不動避難小屋
06.二釈迦
07.五地蔵
#虫が...
08.胸突き八丁
きつうぅ〜
09.十阿弥陀
10.無事登頂!
11.滑滝を下る
#ちとビビり気味
12.滑滝を下る
#かなり余裕
高妻山は噂に違わぬハードな山でした。沢登りあり
鎖場あり、急登あり、長い行程ありで登山の総合力
を試されるような山行でした。その反面、植物も豊富
で、随所で疲れを癒してもらえたような気がしました。

さぁこれで今年も体はできた!時間の許す限り、
登り倒す夏にしたいと思います。
またしても長文失礼仕りました。
 

石川 忍

出会った花々

9:54
レンゲツツジ・キッコウキスゲ
9:55
サラサドウダン
11:22
オオイワカガミ・マイズルソウ
11:35
アツモリソウ
13:56
シラネアオイ
14:27
ハクサンシャクナゲ


トップへ

inserted by FC2 system