長野山岳会”中御所・西横川 沢登り”
2005.7.31(日)

写真をクリックすると大きくなります

▲中御所・西横川 沢登り(2005.7.31 :長野県宮田村)
メールから転載
[ 常念ズ :855] ▲西横沢(中央アルプスしらび平〜千畳敷; 2005年 7 月 31日)

こんばんは。松本支部長の石川です。
8月です。全く最近の月日の早さには参ります。

さて、昨日は長野山岳会の沢登り企画で、
西横沢を詰めてきました。西横沢といっても
ピンと来ませんが、中央アルプスの千畳敷カールの
下部という辺りです。通常千畳敷カールやその上の
木曽駒が岳・宝剣岳といった中央アルプスの主峰部
には、バスとロープウェイを乗り継いで行きます。
ロープウェイは標高1662Mのしらび平から2612Mの
千畳敷までを結んでいますが、今回はこの間標高差
1000M弱を、沢づたいに上がってしまおうという行程
でした。それでは報告行きます。

コース図
おおよそです
<参加者>
〜長野方面から参加
・伊澤 則昭(CL、長野山岳会事務局)
・真野 重則(SL)
・清水 貴子
・峯村 名緒
・小岩 修子(一般)
〜松本方面から参加
・村重 誠史
・中澤 祐子(一般)
・石川 忍

一般会員を交えての総勢8名で沢登り!

<天気>
晴れのち曇りのち雨

<報告>
0330 長野組、長野市役所集合

0430 松本組、長野県松本合同庁舎集合

0505 長野道みどり湖PAにて両組合流、
    その後中央道に移り、駒ヶ根ICで降りる

0600 菅の台バスターミナル着(駐車場代400円)

0615 しらび平行きバスに乗り換え(片道800円)
    この間終点のしらび平まで40分強。

0700 しらび平着
    ここで乗客のほとんどはロープウェイへ
    乗り換えます。しかし我々はおもむろに
    ヘルメットをかぶり、底がフェルト生地の沢靴
    を履き、スパッツを付け、ハーネスを装着し、
    ロープウェイとは逆方向に下ります。川口浩
    探検隊の雰囲気です。

0715 入渓
    まずは堰堤を2つ回りこみ、沢沿いにゆるゆる
    上がっていきます。天気はピーカンで、徐々に
    暑くなってきたため、じゃぶじゃぶ足が水に
    つかったり、滝の横を上がりながら水しぶきを
    顔に浴びたりというのがなんとも心地よい。

0815 休憩
    いくつか滝が出てきて、いよいよ沢登りの
    様相。滝つぼに峯村さんと真野さんが浸かり
    早くもボルテージ全開!

0825 発
    そろそろ水に浸かるのが何とも思わなく
    なってきます。それにしても清水さんが
    履いている地下足袋っぽいゴム靴が
    とてつもなくカッコよいです。

0915 休憩

0925 発
    だんだん上流に近づき、水量は減り傾斜は
    キツクなります。伊澤CLや真野SLの奮闘で
    随所でお助け紐やロープが登場し、危険な
    岩場をクリアします。
    沢靴もコケの生えた岩場ではツルツル滑る
    ため、油断はできません。途中で石川が
    掴んでいた枝が抜け、岩場をちょっと滑落、
    したたか膝を強打。青アザ誕生!

1205 休憩
    だいぶ上部まで来て、沢をまいて道なき道を
    藪漕ぎするハードな箇所も出てきました。
    晴れていた空も曇り、ガスってまいりました。
    CLの伊澤さんは昨年も同ルートを上がって
    いるのですが、今年は沢の水量が少なく、
    全く様相が変わってしまっているとのこと。
    あれー?こんなところじゃなかったんだがなー
    の声に、一同に緊張が走ります!

1220 発
    すでに沢を離れ、草や木の枝をつかんで
    ちょっとずつ上がります。道がないので、
    草や根っこでツルツル。途中のトラバース時
    では、またしても石川滑落!しかし気合で
    周囲の草木をつかみ、難を逃れました。

1320 長谷部新道に合流
    新道…といっても廃道なんですが、さっきまで
    の行程に比べれば天国のような気分です。
    お馴染み伊澤CLのマシンガンジョークも
    飛び出し、一同萎えていたテンションが復活。
    あとはほぼ平行に千畳敷まで歩くだけです。

1330 休憩
    着替え&沢靴の履き替えタイム。千畳敷の
    ロープウェイのアナウンスが聞こえるほどの
    距離まで到達しました。

1350 発
    ここいらで、イワツメクサやら石楠花やら
    コバイケイソウの大群落やらに出会い、
    頑張って良かったなぁと思える瞬間でした。

1425 千畳敷カール着
    チングルマやクロユリが我々を迎えてくれ
    ました。今日のゴールです。しっかし、
    ロープウェイで7分半のところを沢で7時間!
    物凄い数の観光客がいましたが、間違いなく
    我々は輝いていました。

その後は、ロープウェイの発車まで2時間ほど、生
ビールで大宴会となりました。17時の終発便では、
我々8人の貸切状態で大盛り上がり!きっと同乗の
ガイドさんはドン引き(笑)

6:59
準備中
(しらび平駅駐車場)
7:53
果敢に登る
8:04
気持ちいいぃ〜
8:32
滝が続く
8:37
滝壷にて
9:03
激しく登る
10:31
厳しい登りが続く
10:57
上級者コース
11:09
薮漕ぎあり
13:58
コバイケイソウの群生
(廃道:長谷部新道)
14:38
宝剣岳の勇姿
(千畳敷より)
17:00
宴は続く...
いやー、あっちこっちにかすり傷や切り傷や打撲が
残りましたが、総合力を試される山行で、達成感は
ひとしおのものがありました。一般の方も含めて
大きな事故もなく、伊澤CL真野SLに感謝です!
中澤さんには初めての山岳会山行にお付き合い
いただきました。お疲れ様でした。

とりあえず筋肉痛が今日来ました。まだまだ若い、
と安心しています。長文失礼いたしました。
 

石川 忍

白河滝の動画
(期間限定)
※リンクしてないので、URLをコピー&ペーストして下さい

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley/9884/05.07.31-0838.mov
 

出会った花々

8:29
ニッコウキスゲ
10:51
ハクサンチドリ
12:03
モミジカラマツ
12:19
オオバミゾホオズキ
12:21
シナノキンバイ
12:32
タカネグンナイフウロ
12:56
ウサギギク
13:17
イブキトラノオ
13:26
チシギキョウ
13:48-1
ニガナソウ
13:48-2
イワツメクサ
13:50
ヤマハハコ
13:59
コバイケイソウ
14:01
エゾシオガマ
14:09
キバナノコマノツメ
14:24
チングルマ
14:26-1
ミツバオウレン
14:26-2
クロユリ
14:36
ヨツバシオガマ
14:46
ヒメウメバチソウ
花名が間違っていましたらご指摘お願い致します。


トップへ

inserted by FC2 system