斑尾山
2005.10.16(日)

写真をクリックすると大きくなります

▲斑尾山(1,382m:2005.10.16 長野県信濃町・飯山市)〜まだらおやま〜
<概要>
北信五岳(斑尾山、妙高山、黒姫山、戸隠山、飯綱山)の1つ
山の北側は、随分開発されてしまっているが、南側は開発から逃れている
個人的には”斑尾”という名を初めて知ったのは、JazzFestivalであった(行かないうちに無くなってしまい残念!)
この内斑尾山だけが少し離れているし、標高が最も低く登り易いようだ
ちなみに、野尻湖は斑尾山の噴火によって関川などを堰き止めて出来た湖
信州百名山
主な登山口は、以下
・信濃町荒瀬原
・野尻湖至近の菅川
・豊田村大池
・斑尾高原万坂峠
・斑尾高原スキー場北東
今回は信濃町観光協会主催の秋山登山(黒姫山・斑尾山)に参加で、登山口は信濃町荒瀬原
黒姫山にしたかったのだが、既に定員に達していた 夏秋2回開催しているがすぐに一杯になるという
ホント登山ブームなのねぇ〜
自力でも充分登頂出来そうな山だが、
先週の鳳凰三山テン泊山行の疲れもあったし、たまには一般の方々とゆっくり登りたかった
参加費:¥1,000(傷害保険含む)
コース図
<日帰り> 10月16日(日)くもり
荒瀬原登山口→明神岳→斑尾山→明神岳→荒瀬原登山口

<参加メンバー>
・村重 誠史
他 総勢:17名(ガイド1名 スタッフ2名)

<山行報告>
 6:40 自宅(豊科町)発
  高速(豊科IC〜信濃町 IC):¥2,500
  昨夜までの雨はあがり、予報では好天 爺ヶ岳・鹿島槍ヶ岳が雲の上に浮かんでいる
  う〜む期待大! 斑尾山じゃもったいないかも?(失礼)
  んが、トンネルを抜け信濃町に入ると、小雨
  う〜む いつもここだけ天気が違うのよねぇ〜
  古間駅の駐車場に集合 即心院横のまで送迎して頂く 分かりにくいので有り難い

 8:45 荒瀬原登山口 発
  しばらく林道を歩き、緩やかな登山道となる 途中林道を横切る
  参加者は、ほとんどが50代と思われる男女 和やかで賑やかな雰囲気

 9:15 林道との合流点 着 休憩
  ここに2〜3台車を置けそうだ

 9:20 発
  ここからやや急登の本格的な登山道になる
  火山特有の土、しかも昨夜までの雨で滑り易い

 9:50 釜石山との分岐(1,020m) 休憩
  稜線に上がる
  地図を見ると釜石山山頂(1,100m)へは、尾根を南西に行くようだ(薮漕ぎ?)

10:00 発
  ここからは緩やかな痩せた尾根歩きとなる

10:35  休憩

10:40 発

10:55 大明神岳(1,350m)登頂 通過
  やはりガス...
  無線のアンテナと壊れた風力発電の風車がある
  好天ならば、ここから野尻湖を眼下に妙高山と黒姫山の豪快な展望となるようだ
  また、槍ケ岳が飯綱山の左肩の上に見え、
  北アルプス、中ア、南ア、八ケ岳、上信県境の山が全部見えるらしい
  天気の回復を祈り山頂へ

11:10 斑尾山(1,382m)登頂!
  やや広い山頂だが木立に囲まれ展望は良くない(どうせガスだけど)
  十三薬師の石像あり

11:20 発

11:30 大明神岳(1,350m) 大休憩
  天気の回復を期待しつつ、昼食タイム
  時折里が見える

12:15 発
  少し展望があったし下山開始
  栗や茸を採りながらの賑やかなみなさん

12:50 釜石山との分岐(1,020m) 通過

13:00 林道との合流点 着 休憩

13:15 発

13:45 登山口 着

  アスティくろひめ:¥500
   黒姫童話館に隣接するJAの保養施設
   展望大浴場からは黒姫山が間近に見える サウナもあり(夕方より使用可)
   時間が早かったのかほとんど貸し切り状態 Good!!!
 

9:24
緩やかな樹林帯を往く
9:50
釜石山との分岐
11:09
山頂
11:23
十三薬師
11:55
長野方面
(大明神岳より)
12:00
飯山方面
(大明神岳より)
<所感>
冬にトレッキングや山スキーにまた訪れたいです。


トップへ

inserted by FC2 system