常念岳
2005.10.30(日)

写真をクリックすると大きくなります


 
▲常念岳(2,857m 長野県安曇野市・松本市)〜じょうねんだけ〜
<概要> 
安曇野の田園風景には欠かすことのできないシンボル的存在 日本百名山 
合併により、今年から表半分:安曇野市・裏半分:松本市となり、本当の意味で地元の山となり嬉しい 

毎年恒例の聖地巡礼 
今年はこんな時期になってしまったが、安曇野市民としては、登らない訳にはならない 
とは言え、人を誘っても責任を持てる季節ではないし、 
ラストチャンスをかけて一度やってみたかった単独山行にした 
予報は冬型だったので、11/3も考えたのだが、既に巡礼モードになっており、止まらなかった 

今回で8回目、登頂は10回目(1泊2日で2度登った事が2回あるので)の山行

コース図
<日帰り> 10月30日(日)くもり(稜線より上は快晴) 
一ノ沢登山口→常念小屋→常念岳→常念小屋→一ノ沢登山口 

<参加メンバー> 
・村重 誠史(単独) 

<山行報告> 
 5:10 自宅(安曇野市豊科)発 
  馴れた道は迷う心配がなくていいなぁ〜 
  ホント恵まれた環境に住んでいるとあらためて実感 

 6:00 一の沢登山口 発 
  日の出とほぼ同じスタート 樹林帯はちと薄暗く歩き難い 
  途中、橡の木山ノ神にて安全山行の祈願  これも恒例 

 6:45 一の沢出会い(2回目) 着 休憩 
  休憩ポイントも分かっているので、時間と疲れを計算しながらの1本 

 6:55 発 
  ガスが濃くなって来た やっぱ今日はダメかなぁ〜 まぁ、降らないだけ由としよう 

 7:35 笠原 休憩 

 7:45 発 
  汗が冷えるとすぐに寒くなるので、とっとと出発 
  烏帽子沢に架かる橋の先が崩壊しており、上部にもう一つ橋が架かっている 
  その後もあちこちで崩壊箇所があるが、よく整備されている 感謝、感謝 

 8:35 第一ベンチ 休憩 
  やはりガスの中 んが、一瞬上に青空が見える 微かに期待 

 8:45 発 
   
 9:05 常念乗越 着(2,456m) 
  まさか、槍が!! 白く雪を冠った穂高連峰と共に一際大きく見える!! 
  風強く、寒いので常念小屋にて休憩 ストーブがありがたい 
  他の登山客は遠慮してか知らないのか自分1人のみ 
  今週末に迫った小屋締め作業中の様子 ヘリも降りて来た 売店でグッズを購入 
    
 9:35 発 
  強風のため寒く、カッパの上着を着る 
  稜線上は、雪と岩のミックスで、壷足だとちと怖いくらい 

10:35 常念岳登頂!!(2,857m) 
  東側は雲海の上に先週登った浅間山(黒斑山)が見える 
  稜線より西側はほとんどの山々が見える 
  八ヶ岳、富士山、南アルプス、大滝山、蝶ヶ岳、御岳、乗鞍岳、 
  穂高連峰、槍ヶ岳、立山、燕岳... 
  風はやや弱くなったがまだ寒い カップラーメンと甘酒で暖まる 

11:40 発 

12:25 常念乗越 着(2,456m) 

12:40 発 
  穂高連峰・槍ヶ岳を振り返り下山開始 「来年また来るぜぃ!」 
  すぐにガスの中に 
  途中、登って来る小屋の人に出会う 
  自分  :「上は晴れてますよ!」 
  小屋の人:「信じられない...」 
  (#小屋の人でも、この天気じゃあねぇ〜) 

13:50 笠原 着 休憩 

14:00 発 

14:50 一の沢出会い(最後) 着 休憩 

15:00 発 
  橡の木山ノ神にて無事下山のお礼  これも恒例 

15:25 一の沢登山口 着 

   ほりでーゆ〜四季の郷:¥500(回数券なので、¥400) 
   職場にほど近いが、地元民でいつも混雑 
   洗い場が増えたのでそれほどでもないが、女性は結構凄いらしい 
   個人的には、近くて便利なのでよく利用している

9:06-1 
ドーン!
9:06-2 
山頂方面
10:17 
喜作新道・燕岳 
背後:立山方面
10:26 
燕岳・大天井岳・横通岳
10:40 
登頂!
11:28 
御岳・乗鞍岳
11:48 
下山中
13:18 
崩壊地
<所感> 
常念岳は何度も登っていますが、今回は今までで最高のドラマを用意してくれてました。 
やっぱ、常念はいいですねぇ〜 
馴れた所だと山を楽しむ事に集中出来て良いですね。 
田淵行男さんにはかないませんが、同じ山に何度も登るのいいものだと。 
来年は残雪期などもっと早い季節にも登りたいです。年に2〜3回登ってもいいかなと。

山頂からの動画
(期間限定)
※リンクしてないので、URLをコピー&ペーストして下さい

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley/9884/05.10.30-1042.mov


トップへ

inserted by FC2 system