経ヶ岳
2005.11.13(日)

写真をクリックすると大きくなります

▲経ヶ岳(2,296m 長野県伊那市・辰野町・塩尻市)〜きょうがたけ〜
<概要>
中央アルプスの北端に静かに鎮座する山
弘仁7年(816年)、慈覚大師がこの山に霊木を得て十一面観音像を刻み、その木片に写経し経塚を作り納めたのがその名の由来
麓の羽広地区にある仲仙寺は、その観音様を御本尊として開山したという
江戸時代・明治時代には「馬の観音様」として広く信仰を集めたとのこと
日本二百名山 信州百名山

今回は夏山登山教室で知り合ったこばさんの運営する掲示板のオフ会 信州百名山狙いの方も多い
個人的にはたかちゃん(最年長の方に何だかなぁ〜)以外は面識がある...一応

当初は鉢盛山の予定であったが、時期遅く林道通行の許可が終了しておりこの山行となった

コース図
<日帰り> 11月13日(日)晴れ
仲仙寺→経ヶ岳山頂→仲仙寺

<参加メンバー>
・こばさん (CL:中条山岳会)
・ヒロちゃん(SL:中条山岳会)
・たかちゃん
・水野 徹哉(常念ズ)
・村重 誠史(長野山岳会&常念ズ)

<山行報告>
 7:00 豊科スワンガーデン集合
  軽く自己紹介の後、こばさん車・村重車に分乗し、仲仙寺へ向かう
  (豊科IC〜伊那IC:¥1.600)

 7:50 仲仙寺駐車場 発(900mくらい)
  思いがけず紅葉が素晴らしく全員デジカメで写真タイム
  「今日はこんな感じかぁ〜?」と思いきや...
  林道を抜けると樹林帯の道が続く ずっと尾根道だが嫌なトラバースが多い
  みなさん予想外(失礼!)にいいペース

 9:00 4合目手前 着 休憩
  風もなくこの時期としては暖かい
  動いていると暑いくらい 寒いよりましか?

 9:10 発
  すぐに4合目大泉ダムからとの分岐を過ぎる
  この辺から徐々に急登が現れる

10:00 6合目過ぎ 休憩
  相変わらずみなさん元気だが、あたしゃヘバり気味

10:20 発
  ここからさらに急登が多くなる うぃーきつぅ〜

11:10 8合目 休憩
  ふぅー疲れた みんな元気だなぁ〜
  ここで一気に展望が開けた
  霞気味だが中央アルプスや伊那盆地が見える 南アルプスはほとんど確認出来ず
  新潟から来たという中高年のグループが賑やかだ

11:30 発
  ここからは昨日降ったと思われる新雪が現れる
  黒沢山からの分岐らしき方向にはテープが張ってある(棄道に近いのか?)
  奥ノ院跡を過ぎるとやや薮漕ぎとなる あまり人も来ないのだろう

12:15 経ヶ岳(2,296m)登頂!!
  あれ、もう? 地図コースタイムは多過ぎのようだ
  雪の残る山頂は樹林帯の中で展望は効かないので、南側の明るい斜面で昼食にすることに
  たかちゃん提供のシャンペンで乾杯!
  山頂も予想外に賑わっている
  信大農学部ワンゲルは戸沢(だったかな?)を詰めて来たという 偉いぞ若者!

13:15 発

14:05 8合目 休憩

14:20 発
  黒沢山方面の唐松林が黄金に輝いている

15:35 4合目下 着 休憩

15:50 発

16:30 登山口 着

   みはらしの湯:¥500
   露天風呂には、りんごが浮かんでいる
   施設も充実していてGood!!! 気に入った!!!

7:51
いざ出発
7:53
南アルプス
7:56
右奥:馬の像
7:59
仲仙寺本堂
11:17
左手:山頂
(八合目より)
11:18
中央アルプス
(八合目より)
11:30
伊那盆地
(八合目より)
11:31
黒沢山
(八合目より)
11:45
九合目奥ノ院跡
12:16
山頂
(提供:S.Kobayashi)
13:14
山頂をあとに
13:54
左手:ルート
<所感>
標高差:約1,400mとこの時期とてはなかなか手応えのある山でした。
天候もまずまず。パワフルなみなさんと知り合えたし、素敵な山行となりました。
信州百名山も1つ増えたし。しかしもう一度登りたいかと言えば...


トップへ

inserted by FC2 system