南木曽岳
2006.5.29(月)


▲南木曽岳(1,676m:長野県南木曽町)〜なぎそだけ

<概要>
この時期、長野県の高山はまだまだ雪に覆われ、とても私のレベルでは登れない。(先日の白馬岳は特例)
で、最近は信州百名山を中心とした里山を狙っている。とは言え、今年は雪が多く、北信は低山でも無理そう。
この日は、山仲間シノブ さんの先日の報告をみてこの山にした。
かつては御嶽山、木曽駒ヶ岳とならび“木曽3岳”のひとつとして、江戸時代初期から信仰登山の対象となった木曽地方を代表する山。
信州百名山、日本三百名山。

<日帰り> 5月29日(月)くもり

<参加メンバー>
・村重 誠史(単独)

<アクセス>
自宅:安曇野市(7:30)⇒R19⇒R256
⇒南木曽山麓蘭(あららぎ)キャンプ場⇒登山口(10:15)
 ※登山口:舗装工事のため登山口手前に駐車(平日だからね)

<コースタイム>
登山口手前(10:25)→涸れ沢(11:10-11:25)→ベンチ(11:55-12:05)→山頂〜見晴し台(12:45-13:20)
→急な下り途中(14:30-14:40)→上り道との分岐(15:00)→登山口(15:40)


急登(11:46)


展望なし(12:46)


南木曽岳山大神(13:21)


バイカオウレン(13:23)


避難小屋を振り返る(13:36-2)


イワカガミ(13:42)


下りはさらに大変(14:05)


女滝(15:26-3)

木曽路館「南木曽温泉」(R256沿い):¥700
展望露天風呂・サウナなど設備充実
展望Good!(天気よければ...)ぬるぬる泉質Good!

帰りは、3月に開通した権平トンネル経由で帰宅。
とても立派なのに、無料とは驚き。
伊那への真っすぐな下りはスピードオーバーに注意!

<所感>
この日は体調が悪く(だったら行くな?)、最初の林道からふらついてました。なので、コースタイムは長めです。
それを差し引いてもなかなかの急坂で、特に下りは、鹿島槍ヶ岳の時の赤岩尾根の下りを彷彿とされました。
あいにくの曇り空で展望はききませんでしたが、予想外に、イワカガミの群生などが見られて満足でした。
ちなみにこの日出会ったのは2人。静かな山を楽しめるのも平日ならではですね。

これで信州百名山、50座目。
後半は厳しい山が残っていますが、達成してしまえば、夢は終わります。
一生をかけてゆっくりやっていくつもりです。



トップへ

inserted by FC2 system