金松寺山・天狗岩
2006.6.4(日)


▲金松寺山・天狗岩(1,625m・1,964m:長野県松本市)〜きんしょうじやま・てんぐいわ〜

<概要>
北アルプス常念山脈南部大滝山の前山で、松本市梓川西方に鍋冠山・黒沢山とともに位置している里山。
明治4年まで松本市梓川の西、大久保集落の西端にある古刹金松寺の寺領であった。
数年前に計画した事があったが、信州百名 山を狙うようになってからそのままになっていた。
今回は、梓川観光協会主催のイベントに参加(無料)を見つけ参加した。普通の人と登るのも結構好きである。(って、自分は普通ではないのか?)

<日帰り> 6月4日(日)くもり

<参加メンバー>
・ウルフ 他 総勢140名!!!

<アクセス>
自宅(6:30)⇒大久保グラウンド(6:55 金松寺下)
 ※7:25〜 開会式

<コースタイム>
大久保グラウンド:標高約800m(7:35)→金松寺林道ゲート(7:50)→林道終点(8:25-8:35)→ベンチ(9:40-9:50)
→山頂(9:55)→天狗岩(10:50-11:30)→巻き道→植林地(12:25-12:40)→大久保グラウンド(13:40)


穂高連峰(10:50)そろそろ...


常念岳(11:36)今年も...


大滝山(11:39)今年こそ...

 
 ※下山後、梓川観光協会によるリンゴジュース&豚汁のサービス  感謝、感謝

<所感>
標高差1,200m 里山としてはなかなかで、山に慣れていない人たちはヒーヒー言いながら登っていました。
かつては学校登山もされていたようですが、最 近は登る人は少ないそうです。

それにしても参加者の多さにはビックリでした。里山ブームなのでしょうか?
今回に合わせて道もよく整備されていました。感謝、感謝。1
2回目の開催、地元 の方々のこの山に対する思い入れを感じました。

この日は薄曇りでしたが、天狗岩手前〜天狗岩では、松本平・乗鞍岳・大滝山・常念岳・穂高連峰も見えました。
絶景と言う程ではありませんが、地元に住んで いるなら一度くらい登ってもいいかも知れません。

ちなみに、天狗岩から多少の薮漕ぎで黒沢山に行けると言う噂も。樹林帯のため展望は良くないと言う噂も。

P.S.
登り始めてから分かったのですが、このイベント、リーダー不在で、各々勝手に登って帰って来ると言うものなのです。
休憩も自分で判断。もちろんコースも。 (まぁ、基本的に1本道ですが...)
下山確認だけはするのですが...安全性にちと疑問です。
これだけの大人数、しかも無料なのでこんなものなのでしょうか?



トップへ

inserted by FC2 system