弥山
2006.8.15(月)


▲弥山(530m 広島県廿日市市宮島町)〜みせん〜

<概要>
久しぶりにお盆に帰省するので、せっかくなので近くの山をと考えた。中国地方唯一の日本百名山:大山を考えたが、ちと遠くて時間がないので新日本百名山(岩崎元郎 選)でもある宮島の弥山にした。 宮島へは小学校の遠足や以前の仕事などで10回以上は行っているが、登山の対象として考えた事はなかった。うちの母親も50年以上前の高校時代に 登ったとか。やはり1度はと登る事にした。

<日帰り> 8月15日(月)晴れ

<参加メンバー>
・ウルフ(単独)

<アクセス>
自宅:山口県和木町(6:00)⇒宮島口桟橋(6:30-7:05)⇒(フェリー)⇒宮島桟橋(7:15)
 ※駐車場:\1,000 フェリー片道:\170
 ※フェリーは2社でやっており、交互に出発している 時間をみて片道切符を買うのがよい

<コースタイム>
宮島桟橋(7:25)→四ノ宮神社(8:00-8:05)→10号堰堤 ベンチ(8:35-8:45)→弥山山頂(9:20 -9:50)→駒ヶ林(10:15-10:25)→水族館近くの食堂(11:40-11:55)→ 宮島桟橋(12:20)
 ※山頂の売店 缶ビール350ml:\450


浜辺から望む(7:35)


原始林と石段(8:21)

<所感>
ガイドブックに紹介されていた四ノ宮神社裏からのコースを探したのですが分からず、紅葉谷コースを登り、大元公園コースを下りました。ちなみに大聖院コー スは工事 中。途中、ボッカの人に聞いた所では四ノ宮神社裏からのコースは公的ではなく、入り口が分かりにくいとの事。他に駒ヶ林から下るルートも同様のようでし た。現地の案内板にも載ってませんでした。歴史が長い山ならではのようです。
紅葉谷コースは、原始林の中の石段を登るよく整備された道でした。京都の古刹の裏山といった感じ。100m毎に指標とベンチがありました。稜線からは大き な木はなく荒々しい岩山となります。山頂にシカが居たのにはびっくり!(昼食を狙われました)大元公園コースは巨岩と原始林の中を下ります。標高は低いの で すが海抜0mからの登りなので、結構骨のある山でした。(今回は ホントに海岸から登りました)朝早かったせいもありますが、ロープウェイからの人を含めても静かな山行が出来ました。下は観光客でごった返してまし た。しかし、ホントに暑い!!! 夏に登る山ではないようです。

P.S.
夜に、久しぶりに帰った私のために仲間が飲み会を開いてくれました。中学の部活のOB会です。(偶然にも全員同じ高校卒)と言っても先輩・後輩ともやや年 が離れているので、ほとんどが現役中には一緒に演奏した事がない仲です。OBバンドからですね。ともあれありがたいことです。

ちなみに全員弥山に登った事があるとのこと。少し山をやる後輩は奥穂、さらにはキナバルもとか...くぅ〜嫉妬。


酔い酔い(21:00)

<山頂動画>
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley/9884/06.08.15-0927.mov
(環境によっては、URLをコピー&ペーストして下さい)



トップへ

inserted by FC2 system