空木岳
2006.10.1(日)-2(月)

▲空木岳(2,864m 長野県駒ヶ根市・飯島町・大桑村)〜うつぎだけ〜

<概要>
マイミクシーでもある、山仲間のいたどり さん・シノブ さんとmixi上で、空木岳・南駒ヶ岳山行が盛り上がり企画(何だか変だぞ?)。
お二人とも仕事がお忙しく、代休を取れるという事で私の休みに合わせてくれ、日・月で狙う事に。感謝、感謝。
日本百名山30座目。 信州百名山55座目。

<避難小屋泊> 10月1日(日)くもり後雨
        10月2日(月)雨

<アクセス>
松本市⇒高速(松本IC〜駒ヶ根IC)⇒池山林道終点登山口
 ※高速:¥1.500(軽)

<コース>
1日目:池山林道終点登山口→空木岳→空木岳避難小屋(泊)
2日目: 空木岳避難小屋→池山林道終点登山口

<参加メンバー>
・ウルフ(CL)
・シノブ さん(記録)
・いたどり さん

<山行報告>
シノブ さんの日記から転載

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
▲空木岳(うつぎだけ;2864M)

先週神戸で休み返上して頑張ったご褒美として、今日は振替休日をもらいました(ま、会社の規則なんですけど)。なので、普段は日・月休みのウルフさんとと もに泊りがけで山登りに出かけることになりました。聞けば、先週北穂に行ったいたどりさんも月曜休みが取れるとのこと。なので、オトコ3人で中央アルプス の空木岳に1泊で出かけました。私にとっては8月の苗場山以来、7山ぶりの複数人登山になります。

空木岳は標高2864M、中央アルプスの中部〜南部にあります。地籍は伊那側の駒ヶ根市と飯島町、木曽側の大桑村にまたがっています。千畳敷ロープウェイ で有名な木曽駒ヶ岳や宝剣岳に比べると訪れる人も少なく、静かな山です。

<参加者>
ウルフさん(リーダー)
いたどりさん
私(記録)

<記録…10月1日>
6:00 
松本発、松本ICから駒ヶ根ICへ

7:35
池山林道終点到着。駒ヶ根高原の別荘地から古城公園を目指して林道を上がる。特に道標もないし、最後はダートというかゴツゴツの石がむき出しになったオフ ロード状態なので要注意。

7:50
登山口出発(標高1365M)。しばらくはハイキングコースになっていて、お気楽歩き。

8:30−40
鷹打ち場で休憩(標高1510M)。しかし誰も登っていく人がいないです。空は今にも泣き出しそう。コメツガの木々の中を進む。

9:32−45
尻無で休憩(標高1750M)。ここまではまずまずのんびり登れるが、あと1100M登るんだよなぁと思うと、このあとの急登が予想される。
そして予想通りこのあと、大地獄→小地獄→迷い尾根とネガティブな名前のポイントが続きテンションが下がる。確かに見上げるような角度の階段やヤセ尾根が 続き、この登山道一番の難所に。

11:17−25
稜線間近にて休憩。あんまり急峻な場所が多すぎて休憩ポイントすら見つからず、えいやぁで休む。千畳敷や宝剣岳がキレイに見えていたが、なにやら ポツリポツリと冷たいものが当たり始める。アラ意外に早かったのね〜。その後も雨は降ったり止んだりだが、良く見ると粒が大きく、あられのよう。寒いで す。一方で、ここらで木々の紅葉ゾーンに突入し始めテンションアップ。


ずらり南アの山々(11:54)

12:00
空木平避難小屋と山頂方面との分岐にて休憩。空は相変わらずどんよりしているものの高曇りの状態で、南アルプスがハッキリ見える。甲斐駒〜仙丈〜 北岳〜間ノ岳〜農鳥岳〜塩見岳〜荒川岳(たぶん)〜赤石岳(たぶん)〜聖岳(たぶん)までまで、そうそうたるオールスターズが顔をそろえており、しばし見 とれる。


山頂へ(12:12)

13:00
空木岳山頂直下の駒峰ヒュッテ到着http://alpsayuda.org/。 さすがに日曜のこの時間にはお客さんがおらず、小屋番のお姉さんがひとり。親切に温かいお茶を入れてもらって雑談していると、おじさんがひとりヒュッテ へ。あ、お客さんかなと思い荷物をどけようとすると、
「こんちはー、小屋番の交代できましたぁ〜」
とのこと。すると小屋にいたお姉さんが
「あれ〜?アタシ4日までここにいるんだにー?」
と。おやおや。するとおじさん、
「え?俺は今日から7日までって聞いたもんで登ってきただ」
なんと連絡の行き違いがあった模様。下界に確認を取っているようですが、どうやらおじさんの勘違いみたいで、とりあえず翌日下山してまた4日来る ことになったよう。勘違いといっても山小屋ですからねぇ、勤務地まで片道5時間なので、シャレにならないです。しかもおじさん、「実はクルマにカギ閉じ込 めちまってねぇ」とも言っており、オイオイ大丈夫か?って感じでした。
そんな二人を尻目に、いざピークへ。

13:23
駒峰ヒュッテ発

13:36
登頂!(写真1)
しかし雨も降ってきており展望は利かず何より寒く、記念撮影して早々に下山。乾杯ビールも、1本を3人で回し飲み。

13:55
駒峰ヒュッテ着。どうやらおじさんとお姉さんの話はついたようで、お姉さんはとりあえず近くの山小屋に用事があって出かけて行きました。ここで、 今夜使う水や酒を買って宿泊地の避難小屋に向かいました。メニューに無い日本酒の「鬼ころし」の2リットルパックを、たぶん金額を知らされていないおじさ んと価格交渉して1500円で購入し、いよいよ本降りになってきた雨の中を避難小屋へ下ります。


チングルマの花柱(14:40)

15:00
空木平避難小屋着。このあと3人ほどがやってきて全部で6人が同じ屋根の下に一夜の仮住まいをすることになりましたが、なかなかどうして建物も新しく、と ても快適でした。ちなみに宿泊料として1000円を、先ほどの駒峰ヒュッテで払います。
まずは購入した鬼ころしをバーナーで温めて熱燗にしてグイグイ。ほろ酔いのところでウルフさん準備のジンギスカンを食してビールで乾杯。そんなで18時過 ぎには酒も回り満腹になり早々に就寝です。最近4時間睡眠が続いていたので、今晩は良く眠れるぞと!
 

<10月2日>
5:30
起床。ものすごい風雨が避難小屋を叩く。この時点で今日の南駒ケ岳までの縦走を断念し、下山を決定。

7:20
雨の中、避難小屋出発。

8:33
迷い尾根(40発)

9:54
池山避難小屋(10:20発)

11:07
登山口着
雨なので、特に書くことはありません(笑)

その後温泉に浸かり、伊那でローメンを食して15時ごろに松本へ帰りました。家まで送迎してくれたいたどりさんに感謝です。おかげで温泉と昼食時と2度も ビールを飲めました。リーダーのウルフさんもお疲れ様でした。写真見せてくださいね。

雨は降られましたが、なかなか楽しい山旅でした。平日が絡んだこともあってか、静かでしたし。始まりかけた紅葉も見られたし、御の字だと思いま す。そして日本百名山もこれで48座になり、いよいよ折り返しの50座が見えてきました。この秋は9月に登れなかった分を取り返していきたいと思います。
どうしても長くなってしまう山行報告を最後までお読みいただき、ありがとうございました。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

こまくさの湯:¥600
綺麗で充実した設備でGood!

<所感>
1日目のお昼前から雨が降り出し、夜には台風のような荒れ模様。で、2日目の南駒ヶ岳は断念。二日酔いが原因という噂も...とは言え、 1日目の午前中は南アルプスのほぼ全容もくっきり見え、大満足でした。こんなに南ア全体を見たのは初めてでした。来年は塩見かな? こんなに見せ付けられ たからには登らない訳にはいきません。他に、宝剣岳、木曽駒ヶ岳、八ヶ岳、御岳も見えました。道は前半が歩きやすい遊歩道、中盤は 大地獄・小地獄と呼ばれる急峻で痩せた尾根の難所、後半の森林限界の稜線からは素晴らしい展望の道と変化に富んだルートでした。避難小屋の周りは紅葉も綺 麗でした。 日本百名山の割には静かな道でしたが、とても良い山だと思いました。避難小屋は初体験でしたがとても綺麗で快適でした。北アにはほとんどありませんが、山 域によっては利用するのもいいなと思いました。ただ、登山口までの林道は結構なダートでオフロード車でないとちと辛いです。池山避難 小屋も綺麗だし、ここに前泊するなどして日帰りも可能だと思います。花の時期にまた行きたいです。それにしても信州百名山の南駒ヶ岳が遠くなりました。


トップへ

inserted by FC2 system