霧ヶ 峰
2007.5.28(月)


▲霧ヶ峰(車山:1,925m 長野県茅野市・諏訪市)〜きりがみね くるまやま〜

<概要>
左膝の状態は一進一退。最近ハマりかけているカメラも花の撮影はしゃがまなければならないのでキツい。
やはり山の風景も撮りたいし...で、お気楽百名山のこの山(?) へ。近くまでは何度も来ているが、何故か未登頂。
その名の通り晴天率低いし、どうせなら花の時期に、どうせなら月曜日休みに、どうせなら...
と言う事で、敢て花の撮影をしな くていい(?)この時期に、最高峰:車山だけでも狙う事に。
状況によってコース変更もあり。最悪リフトもあるし...行ってから決めようという気ままな単独山行。
日本百名山37座目。信州百名山58座目。

<日帰り> 5月28日(月)快晴

<アクセス>
自宅(安曇野市)⇒三城経由⇒ビーナスライン⇒車山高原スキー場駐車場

<コース>
車山高原スキー場駐車場→車山山頂→南の耳→北の耳→ゼブラ山→奥霧の小屋→八島湿原駐車場

<参加メンバー>
・ウルフ(単独)

<山行報告>
 6:00 自宅(安曇野市)発
常念の朝焼けを撮ろうと早起きしたが、どんよりしているので予定より遅めの出発
それにしても結構寒い あわててセーターを取りに行く
しかし、鹿島槍あたりはくっきり そして扉峠辺りも...うぅ、まさか!
ビーナスラインを南下しているとみるみる晴れて来る 中ア・御岳がくっきり!
八島湿原駐車場に自転車をデポ...念のため
蓼科山・八ヶ岳・南ア、そして富士山もくっきり! こんな素晴らしいビーナスラインは初めて!

 8:15 車山高原スキー場駐車場 発
観光地なので目立たないように軽装備 んが、カメラ×2+レンズ×3
スキー場を巻く林道のような緩やかな道 ちと殺風景だが、程よい風もあり爽やか
2本のリフトも動き始めたが、こちらの方が展望が良い 背後に蓼科山・八ヶ岳・富士山・南アの絶景
花は、ショジョウバカマ、キジムシロ、そしてタンポポのみ あまり撮らなくていいので楽チン...予定通りだ
1本目のリフトを過ぎると急登になり、膝に違和感が出るが何とかいけそう 北アも見えて来た


ビオトープもあり(8:17)


白樺湖・蓼科山(8:20)

 9:15 車山(1,925m)登頂! 休憩
広い山頂は360°の絶景! 
レーダーが邪魔だが、日本の山の中でも1・2を争う展望とか 確かに日本の名山がほとんど見える気がする
リフト利用の観光客もぼちぼち リフト降り場から3分ほど おそらく日本百名山で最もお気楽な登頂が出来る
尤も霧ヶ峰の醍醐味は最高峰登頂ではないが、この好展望はなかなかないかも?


八ヶ岳・富士山 (9:13)

 9:35 発
見た所行けそうなので、ガイド本に載っていたコースを狙う
蝶々深山〜物見石コースが一般的らしいが、花もなさそうだし好天の今日は外周を辿るコースを選択
途中地図を落とし、10分ほどロス 親切な人が飛ばないように確保しておいてくれた 感謝、感謝
こちらのコースは静か 途中出会ったのは、走って来た女性1人のみ
360°の絶景を全身で感じながら歩く  まさに草原のプロムナードと言った感じ 今日の青空はホントに素晴らしい!
右手下にはエコーバレースキー場 山スキーで狙うか?


ショジョウバカマ(9:49)


のんびり...(10:21)

10:45 南の耳(1,838m) 大休憩
カップラーメン+コーヒーで絶景を見ながらの昼食タイム 最高!


キジムシロ(10:49)

11:20 発
南の耳の下りが少し嫌だが短い 濡れているともっと危険かも?

11:30 北の耳(1,829m) 通過
この先はブランシュたかやまスキー場 山スキーで狙うか?-その2

11:50 ゼブラ山(別名:男女倉山「おめぐらやま」 1,776m) 通過
下りで膝が...やっぱ本格登山はまだ無理かな?


八島湿原へ(11:53)

12:15 鎌ヶ池キャンプ場 通過
ここから木道に 膝は平地になると何事もなかったように楽チン
観光客やツアートレッキングの団体も 平日なのにねぇ〜 週末は来たくないエリアだ
やはり花はない 湿原と言うよりかなり草原化してる感じ
写真を撮りながらなので一向に進まない


振り返る(12:20)


鬼ヶ泉水(12:27)


オリンパスブルーに感謝(12:56)

13:00 八島湿原 着
ここから車山高原まで13Kmの自転車ラン 何度もアップダウンがありキツい
最高速度:55Km/h 最低速度:9Km/h...何度も休憩...本日の山行で一番疲れる

<動画>
http://www.geocities.jp/wolf475/07.05.28-0923.mov
(環境によっては、URLをコピー&ペーストして下さい)

<所感>
俗化しているイメージもあり、近 くに住みながらいつでも行けると思っていた百名山でした。
花や紅葉の時期も素晴らしいらしいし、避けずにまた気楽に行ってみようかと思います。



トッ プへ

inserted by FC2 system