上高地 クロカン
2008.3.23(日)


▲上高地 クロカン(約1,500m 長野県松本市安曇)〜かみこうち〜

<概要>
3年ぶり3回目の冬の上高地。1回目(2003.2.2)は、 河童橋まで往復のわか んデビュー。2回目(2005.2.11-12)は、徳沢で テン泊。
毎年のように行きたいと思っているものの、山スキーを始めてからは遠のいていた。膝不調はかえって好機となった。
このエリア、最近はだいぶ俗化されたらしいが、一眼レフを手にした者としては、是非ともあの絶景を収めたい。
厳冬期のピークを過ぎ、雪融けも進んでそうだが、クロカンを初めて見たのは1回目のここ地。やはりこれで行かなくては...
メールにて参加希望者を募る。

<日帰り> 3月23日(日)高曇り

<アクセス>
松本合同庁舎駐車場⇒R158⇒沢渡⇒(タクシー)⇒釜トンネル入り口
 ※タクシー代:¥2,800(要予約:アルピコタクシー沢渡営業所 0263-93-2700)

<コース>
釜トンネル入り口→上高地公園線→大正池ホテル→梓川左岸→梓川コース→河童橋(昼食休憩)→梓川右岸→田代橋→上高地公園線→釜トンネル入り口


コース図
<参加メンバー>
・私     (CL クロカン)
・マキ さん (スノーシュー)
・シノブ さん(スノーシュー)

<山行報告>
  6:03  松本合同庁舎駐車場 発
ここに集合し、カペラ号にて向かう

  6:40  アルピコタクシー沢渡営業所 着
う〜ん、暖かい 雪もほとんどない
予約しておいたタクシーに乗り換える  
運ちゃんがとても良い感じ 細かく案内してくれる 最近は観光会社の大規模ツアーが多く、むしろタクシー利用は減ってるとの事
今日は珍しくガラガラの予想らしい やったね!

  7:07  釜トンネル入り口 発
う〜ん、暖かい-その2
中の湯売店は営業中 クロカンやスノーシューのレンタルもあるらしい(沢渡にも) 隣に仮設トイレ...時代は変わった 売店左前のBOXに計画書を投函
2005年7月に新しくなったトンネルは、用意したヘッドライトも要らないくらい明るい照明...時代は変わった-その2
長さ:1,310m 緩やかな上りだが結構長く感じる(20分)


(7:05)

(7:12)

トンネルを抜けると、何と除雪した道には雪が無い! 壷足で進む そして暖かい-その3
マウンテンバイクが置いてあったりして...正解だな
焼岳、大正池,そして穂高といつもの絶景が次々現れる すっかり春景色だが、これもなかなか


崩壊地と焼岳(7:34)


穂高が見えて来る(7:46)


逆さ穂高〜厳冬期には無い風景(7:56)

  8:05 大正池湖畔 着 休憩
ここの直前まで除雪されている 大正池ホテル手前に冬季トイレあり(何と水洗...というか川の流れ?)
ここでクロカン・スノーシュー装着


逆さ焼岳(8:07)

  8:16 発
木道に高く積もった雪は固めで怖い 板を外す 今日はスノーシューorわかんor壷足が正解...情けなかぁ〜


撮り易い被写体(8:21)

雪原に入ったところで再び板を履く 壷足の方が楽そうだけど...意地だ


ネコヤナギかな?(8:34)


田代池付近(8:38)

分岐を梓川コースへ


(8:47)


春近し(8:51)


左岸を往く(9:09)


あと少し(9:26)

  9:34 河童橋 着 休憩
あれれ? 予定より1hも早いぞ 右岸に渡り、河畔のベンチで宴会準備 まずは乾杯!
それにしても風も無く暖かい 近くの公園で宴会やってる気分
15名ほどの団体さんが後から来たが、本日総勢30名ほどの入山 こんなに静かなのは初めて


本日のメニュー(9:51)


旅の記念に(11:25)


(11:25)

11:32 発
やっぱり2h近くの大宴会になってしまった...
帰路は車道を板を背負い(山スキーより遥かに軽い)、壷足で往く 除雪された道はアスファルトが出ている!


久しぶりにウェストンさんに御挨拶(11:50)


六百山・霞沢岳(11:51)


何故かエメラルドグリーン(11:52)

田代橋近くの中の瀬にも冬季トイレあるが、1名しか利用出来ず(大正池も)、団体さんで渋滞中


雪融け進む帝国ホテル(12:16)

公園線に入ると圧雪路になるが、そのまま壷足で往く 板より楽だったりして...

12:50 大正池畔 着 休憩
この先、さすがのドコモも圏外になるので、タクシーに電話

13:01 発

13:48  釜トンネル入り口 着

 行動時間:6時間41分(休憩含む 正味:4時間21分)

坂巻温泉:¥500
5年ぶりの訪問 前回は営業してなかったので露天のみだった(無料)
なかなか風情のある旅館 時間が早かったせいか貸し切り状態 泉質もGood!


福寿草〜R158沿い波田町にて(15:39)

<所感>
厳冬期に比べると透明感のある絶景ではありませんでしたが、ホントに暖かで春の訪れを感じるのんびりした楽しい山行となりました。
たまたまでしょうが、静かだったのもラッキーでした。
でも、やっぱり写真撮影に最適なのは厳冬期でしょうねぇ〜
ああ、あと春先はクロカン向きではありません。 さて来年は??



トッ プへ

inserted by FC2 system