天 城山
2008.5.3-5


▲天城山(万三郎山:1,406m 静岡県伊豆市・東伊豆町)〜あまぎさん〜

<概要>
同僚から金目鯛が絶品と何度も聞かされ、数回誘われた事があったが行けなかった伊豆。
お気軽百名山:天城山を絡めて行く事に。どっちがメイン??
日本百名山40座目。

<観光しつつ宿まで移動> 第1日目:5月3日(土・祝)曇り一時雨

<アクセス>
自宅(安曇野市)⇒豊科IC⇒(高速)⇒山梨南IC⇒朝霧高原⇒小泉IC⇒(高速)⇒沼津IC⇒浄蓮の滝⇒旧天城トンネル⇒河津七滝(かわづななだる)⇒ 宿(河津町)

<行動報告>
  5:30  自宅(安曇野市) 発
当初、この日が山行予定
天気を考慮し2日目に変更し、観光しつつ宿へ向かう事に


朝霧高原より(8:23)


浄蓮の滝:日本の滝百選(11:16)


旧天城トンネル(12:06)

車も走れます(12:18)


大滝:河津七滝(13:36)


やっと相模灘へ〜今井浜(14:17)

「旅 師の宿 やかた」(朝食・夕食つき:¥14,700)
ネット予約だと朝食のみしかなかったが、夕食も付けてもらう
食べきれないほどの新鮮で豪華な刺身料理と露天風呂に大満足 ほっしゃん(謎)を始め対応もGood!


露天風呂:24h(14:37)

中はこんな感じ(16:25)


生きてます(18:16)


<旅館泊> 第2日目:5月4日(日)曇り一時霧雨

<アクセス>
宿(河津町)⇒R135⇒県111号⇒天城高原ゴルフ場 ハイカー専用駐車場

<コース>
天城高原ゴルフ場 ハイカー専用駐車場→万二郎(ばんじろう)岳→石楠立(はなだて)→万三郎岳→涸沢分岐点→天城高原ゴルフ 場ハイカー専用駐車場

<山行報告>
  8:47 宿(河津町) 発
たっぷり朝食を頂き、宿の御主人に見送られ出発
天気はまずまず、海岸道路は快適ドライブ...んが、北上するにつれ空が怪しくなる
山道(県111号 遠笠山道路)に入るとガスガス かなりの視界不良で運転も怖いくらい
広い駐車場は既に満車に近い 水洗トイレ&靴洗い場も隣接(冬季は閉鎖) 流石は人気のお気軽百名山である

10:20 登山口(約1,050m) 発
ボッカのお願いの看板あり 石を山に上げるようだが今日は濡れているので御勘弁頂く
昨日の雨のためか、火山性の道はぬかるんでいる
ガスの樹林帯は幻想的で良い感じ


(10:20)


ヒメシャラ〜これだけの群生はあまりないかも?(10:34)

10:39 シャクナゲコースとの分岐 通過
ベンチもあり 帰りはここへ戻って来る
良く整備され迷う事はない道 ファミリーや初心者ハイカーも多い
沢を何度も渡る 樹林帯が続くが予想外に変化があり、飽きる事が無いコース


沢横断(10:39)


ミヤマシキミ=別名:ツルシキミ(10:39)
〜昨年つけた女木の赤い実もあり


アセビ(10:47)

11:30 万二郎岳(1,300m)登頂! 休憩
アセビや桜に覆われて視界はないが、のんびりした広い山頂 桜の時季も良いかも?


あれ、標高が?(11:30)

11:50 発
いよいよ天城縦走路 梯子もあり予想外にアップダウンがある 
アセビのトンネル・苔むしたブナ・大きなアマギシャクナゲ(花はまだ)と信州には見られない植生を楽しむ


マメザクラ=別名:フジザクラ(11:59)


アセビのトンネル〜稜線の開花はまだ(12:16)


急な下り(12:27)


(12:27)


コース外れにある大ブナ(12:54)


アズマシャクナゲの群生(12:47)


13:11 万三郎山(1,406m)!! 休憩
万二郎岳に比べるとやや狭い山頂 ここも樹林に覆われている

13:50 発
一気に下る 階段になってるが、ぬかるんでるので慎重に


(14:09)


幻想的(14:22)

やがてトラバースに変わる


トラバース(14:24)

岩に絡み付く(14:41)

14:31 涸沢分岐点(現在廃道) 通過


巨木が続く(14:59)

15:40 菅引林道への分岐点(通行止め) 通過

15:47 最初の分岐 通過


(16:02)

16:03 登山口 着

 登り:2時間51分(休憩含む)
 下り:2時間13分(休憩含む)

「民宿 わらじ」(朝 食・夕食つき:¥7,875)
2つあるお風呂はともに貸し切りという不思議なシステム
食事もまずまずで、この値段は魅力 部屋も広い
和の鉄人道場さん(?)と奥さんの感じのいい御夫婦経営のとても良い宿だった 


<観光しつつ帰路へ> 第3日目:5月5日(月・祝)曇り一時雨

<アクセス>
宿(伊豆市)⇒修善寺⇒沼津IC⇒(高速)⇒小泉IC⇒朝霧高原⇒山梨南IC⇒(高速)⇒豊科IC⇒自宅(安曇野市)


桂川=修善寺川(8:36)

修善寺本堂前の娑羅(8:41)


修善寺 鐘つき堂〜秋が良さそう(9:03)

朝霧高原では、 雨と渋滞で苦戦 GWを味わう 明るいうちには帰宅

<所感>
天気予報が大外れだったりして、あまり予定通りいきませんでした。
まぁ、それなりに堪能したので由とします。

伊豆は思いのほか広く、遠かったです。
またあらためてゆっくり楽しみたいと思っています。今度は山抜きかな?



トッ プへ

inserted by FC2 system