根子岳山スキー
2009.2.2(月)

▲根子岳(2,207m :長野県上田市・須坂市)〜ねこだけ〜

<概要>
先週のゲレンデスキーで膝がさらに不調だが、天気が良いと此処へ行きたくなる。。。
今年はどこも少雪だが、菅平は平年並みらしい。カミ雪が多いせいか?
ヘリスキーは昨シーズンに続き営業休止。今年も静かな根子岳を楽しめそう。
予報では、土曜日に降った雪は止み、翌日曜日はピーカンで新雪。当初の予定では、日曜日に行って月曜日は病院へ。
好天の安曇野を出発するも三才山トンネルを出ると雪。しかも強風。。。かなり荒れ模様。回復の兆しもない...
予報は完全に外れ、旧真田町まで行き撤退。。。
んで、翌月曜日に仕切り直す事に。
8回目の根子岳山スキー。夏は4回、かんじきウォーキング敗退1回。

<日帰り> 2月2日(月)晴れ

<アクセス>
自宅(安曇野市)⇒三才山トンネル⇒菅平高原スキー場奥ダボスゲレンデ⇒(リフト)⇒奥ダボスゲレンデ上部

<コース>
奥ダボスゲレンデ上部→避難小屋→根子岳山頂→小根子岳山頂→アンテナ→ツアーコース→奥ダボスゲレンデ下部

<参加メンバー>
・自分(単独)

<山行報告>
  7:00 自宅(安曇野市) 発
菅平のライブカメラを見るとまずます 回復の様子 よしっ!
常念の撮影しつつ、向う


今日の常念〜明科光にて(7:14)
途中、「洞」交差点近くの7-11で買い出しがてら回数券のばら売りを購入 1枚: ¥450(-¥50)
三才山を抜けると未明に小規模爆発した浅間山の噴煙が激しくなびいている 目指す根子上部はガスだが回復しそう
いつもの奥ダボススキー場はスキー教室の大学生でいっぱい
リフト1回券:¥500(¥100アップしてる...)

湯の丸・烏帽子方面(9:38)

 9:44 ゲレンデ上部 発
風が強く寒い 上へ向う人は他に居ない


寒みぃ〜(9:48)

凍てつくバラ線(9:59)

振り返る北アはガスの中(10:03)
しばらく登っていると風が弱まり暑くなる

(10:29)
10:53 避難小屋少し上 休憩

北アもお見え(11:01)
11:04 発

月と天然のゲート(11:31)

月とモンスター(11:33)

モンスターの中をトラバース(11:35)
最後はヘリポートの辺からつめる
(この方が楽だが、営業しているときはネットが張ってあり進入禁止)

モンスターの競演(11:49)

11:54 根子岳(2,207m)登頂! 大休憩
予想外に風も弱め山頂は、貸し切り状態
この日の登頂は5人程か?


今年も来ました(11:56)
今シーズン初出動のバンディット
12:50 発
いつも通り山頂付近はアイスバーン

子根子岳へ(12:54)

鞍部より四阿・根子(13:01)

13:03 子根子岳 下 通過
鞍部から下に落ち過ぎる  面倒なので登頂は諦める


小根子岳北肩への稜線(13:06)

北アに向ってドロップイン!(13:07)

快適〜♪(13:08)
上部は快適だが、中盤からは重い新雪と堅いパックが入り交じり難しい
一眼レフを携帯&膝が不安な自分には転倒は禁物 何とか踏ん張り滑る

これより下は薮もチラホラ(13:12)

薮が増えて来たので、アンテナの所でツアーコースに戻る
重い新雪とガタガタアイスバーンで疲れる...
ゲレンデに戻ると柔らかめになり快適 スキー教室を横目にスイスイ


スキー教室で賑わうゲレンデ(13:33)
13:36 奥ダボスゲレンデ下部 着

 登り:2時間10分(休憩含む)
 下り:46分

<山頂動画>
http://ameblo.jp/wolf475/entry-10201912049.html

真田温泉(ふれあいさなだ館):¥500(昨年7月から¥100アップしてる..)
いつものお気に入りの定番 そろそろ他も開拓するかな?

<所感>
やはり冬の根子岳は最高です。のんびり絶景を撮りながらのスキーは自分には一番合っています。
膝への負担も最小限ですみます。
毎年恒例の雪山交流会(3/7-8)でまた行きますが、チャンスがあればその前に行ってみようかと思っています。


トップへ

inserted by FC2 system