火打山 山スキー
2011.5.3-4(火・水)


▲ 火打山(2,462m 妙高市・糸魚川市)〜ひうちやま〜

<概要>
昨年、初めて山スキーで行ったこの山。
日帰りではキツかったし、小屋周辺に良さげな斜面が見えた。
前回無念の不参加だったたかさんのお誘いで小屋泊で再訪することに。

<小屋素泊まり> 5月3-4日(火・水) 概ね晴れ

<アクセス>
自宅(安曇野市)⇒高速(豊科IC〜妙高高原IC)⇒妙高高原公園線⇒笹ヶ峰

<参加メンバー>
・私(CL)、たかさん

<山行報告:第1日目>

9:09 十二曲り
登り最大難所の十二曲り。
これより上の1,790m支尾根からが一番いやらしいです。
クトーでも怖いので、壷足や黒沢を登る方が良いかも知れません


9:25 高妻・乙妻〜1,790m支尾根より
今年も行かんかったなぁ〜


11:18 焼山・影火打・火打〜富士見平より
三役揃い踏みです。


11:29 富士見平パノラマ


12:07 高谷池ヒュッテ
7年ぶりに泊まりました。もちろん残雪期は初めて。
市営のせいか、料金安くて、自炊設備が整っています。
ほとんどが素泊まりで、皆さん豪華なディナーを楽しんでました。
我々も負けずに、すき焼き・栃尾の油揚げ・鶏もつ煮などなど。


14:10 山頂直下
山頂直下は風が強く、真冬並みの寒さでした。
滑りの方は、やや立て溝が入っているものの、
滑り易いザラメを楽しみました。


14:42 山頂パノラマ


14:53 山頂直下1:たかさん(スコップの刃を落とすの巻)


14:56 山頂直下2:たかさん


18:23 夕食

笹ヶ峰(7:15)→黒沢橋(8:17)→十二曲り→1,790m支尾根(9:23)→富士見平(11:20-11:43)
→高谷池ヒュッテ(12:07-12:26)→火打山(14:21-14:50)→高谷池ヒュッテ(15:54)
 高谷池ヒュッテ:¥4,500(素泊まり)
 OLYMPUS E-410/ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm/F3.5-5.6
 Panasonic LUMIX DMC-ZX3


<山行報告:第2日目>


8:36 サクラ谷1:たかさん


8:37 サクラ谷
2日目は、小屋周辺の斜面を滑り、鍋倉谷経由で下る予定。
小屋での情報は微妙で、行ってみるしかないという感じ。
サクラ谷は予想以上の大スロープで、大感激!


8:39 サクラ谷2:たかさん


9:42 高谷尻谷
富士見平から高谷尻谷へのドロップも良さそうです。
短いですが。。。


10:15 サクラ谷〜1,958台地より
2本目は高谷尻谷の計画でしたが、サクラ谷を途中からもう1本。
山頂〜天狗の庭から合流するのも良さげ。


10:20 サクラ谷〜1,958台地より
高谷尻谷出合からは、狭くなります。
安全策として、左岸を斜滑降で素早く通過です。


10:37 惣兵エ落谷出合
鍋倉谷の下からの図。
大きく口を開けた沢の左岸を慎重にトラバースしました。
途中合流した鍋倉谷本谷は滑走困難。


11:39 鍋倉谷左岸台地
左岸台地に壷足で上がり、高度を落とさないように左に巻きます。
あとはひたすらクロカン状態。

GPSトラックデータ

ほぼ計画通りのルートで行けました。
GPS&地形図とたかさんの釣りの経験が役立ちました。

黒姫山上空5,000mより



高谷池ヒュッテ〜サクラ谷〜高谷尻谷(登り返し)〜1,958台地(8:27-10:13)
→サクラ谷→鍋倉谷→惣兵エ落谷出合(10:35)
→鍋倉谷左岸台地→林道→笹ヶ峰(12:28)
 苗名の湯:¥450
 OLYMPUS E-410/ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm/F3.5-5.6
 Panasonic LUMIX DMC-ZX3

<所感>
火打、2回目ですが、おおよその斜面を理解しました。
日帰りや厳冬期の場合、惣兵ェ落谷や三田原南斜面なども楽しそうです。
山頂を狙わずのもありだと思います。
冬季小屋(1,000円!)もあるし。
また訪れたいものです。



トップへ

inserted by FC2 system